永久脱毛はそんなに体に悪いのですか?

永久脱毛、毛が生えてこないということは、体にとって有害なのでしょうか?

 

毛が生えてこないこと自体は、体にとって悪いわけではありません。

 

それでも永久脱毛は体にとって悪いという説もあります。

 

この説があるのは、実は永久脱毛の方法にその理由があります。

 

最近の永久脱毛の主流、それはレーザー脱毛なのですが、医療機関で行われています。

 

医療機関で行われているからと言って、絶対安心、安全とは言い切れないのです。

 

まず、粘膜のあるデリケートな部分では、お肌に負担をかけてしまうために、レーザーは照射できません。

 

また、レーザーは黒色に反応します。

 

そのため、日焼け後のお肌にレーザーを当てると、火傷を起こす危険性があります。

 

永久脱毛の方法には、ニードル(針)脱毛というものもあります。

 

ニードル脱毛は毛穴にハリを刺して電流を流すために、とても痛い脱毛方法です。

 

また、確かな技術を持った施術者が行わないと、危険な脱毛方法でもあります。

 

昔と比べると、永久脱毛での肌トラブルは減ってきたとはいえ、まったくないというわけではありません。

 

そのため、永久脱毛を行うクリニックは、十分に検討したうえで選んだほうが良いでしょう。